安いものには罠があると言われました。

友達ともお別れの季節がやってきました。今年の3月に大学を卒業し、晴れて社会人になった私ですが、その3月の時の卒業旅行の時に一つ問題が起きました。私は仲の良いグループが3つ程あったのですが、他のメンバーは繋がりがなかった為、どのグループと一緒に卒業旅行に行くのかを迷って、最終的にはあるグループに決め行く事になったのですが、私が格安航空券を入手出来たのを、他の仲の良いグループに自慢するといろいろと問題があるからちゃんと調べてからの方がいいよといわれました。最初は一緒に卒業旅行にいかない私にちょっとした嫌みなのかなぐらいで受け止めていたのですが、実際に使ってみるとその友達が言っていた事がよくわかりました。荷物も普通はお金がかからないはずなのに掛かってしまったり、機内での食事も有料だったりと、今まで経験してきたフライトとは全くことなったものとなりました。お金を払えば同じサービスを提供してくれるのですが、それでは格安航空券の意味が無いと思い、可能な限り我慢をしていました。結果的に居心地の良いフライトとはなりませんでした、用金的にはかなり節約できたので、私自身はとても満足しています。ただ友人の忠告というものはちゃんと聞かないとダメだなともおもいました。