路面凍結で事故が増える

路面が凍結すると事故が増えます。普段、あまり雪の降らない地域でもたまに雪が降ると交通機関がマヒ。事故が増えてしまう。こんな時には保険に入っておけばよかったなんか思いますが、何故事故が増えるのでしょうか。事故は必然で起きる物で、路面が凍結した場合は車に乗らない事です。特に夏のタイヤで走っているときには、ほぼ運転の自由がきかないと思った方が良いでしょう。っと言うのは、スタットレスタイヤでも雪道ではかなりすべってしまいます。そんな状況で夏タイヤで雪道を走ると滑る以上に運転自体できないものです。運転できない状態で走るのは非常に危険で自分だけだと良いのですが、自分以外の他人を巻き込んでしまう事が多々あります。他人を巻き込んでしまうと自分以外の人が被害にあってしまい人体への影響が出てしまうとかなりまずい事になります。保険に入っているとそのあたりは全て保険で支払ってくれるものですが、もし保険に入っていない場合は自分で全てを支払う事になります。昔、追突事故を起こされた時に相手の人が保険に入っていなかった事があり、費用を払ってもらえない事がありました。また、費用を請求してもお金がないから支払えないと言われたりと、かなりややこしいことになりました。