自動車乗る時には

自動車を乗る時には保険は絶対に必要です。保険が無ければ乗るなと言われるぐらい保険は必要です。っと言うのは保険に入っていない場合、事故にあった時にかなり高額の費用が必要となります。費用はどれぐらい必要になるかをみてみると例えば対物。電柱にぶつかった際に車の修理費。バンパーが少しへこんだだけでも5万円ぐらいかかってしまったり、電信柱に傷をつけてしまった場合は更に支払う必要があります。電信柱は補強できるものではなく骨組みが入っており、その骨組みに損傷を与えた場合はかなりの額になります。そして、対は人身事故。この場合、過失にもよりますが自分が100%悪い場合に相手に対して支払う額はかなりのものになります。通院となった場合は1日1万円ぐらい。そして、入院になった場合は1万円以上のお金がかかります。無いお金を払く事はできませんが、お金があった場合は全て支払っていくことになります。保険は月々1万円ぐらいなので計画てきはありますよね。保険の中には月々の高額のものもありますが、高額だからと言って手当が手厚いと言う訳ではありません。手当が熱いもので月額が安いものを選ぶのが保険の基礎です。ただ、保険会社によっては払いの悪い会社があるようですので、一人だけに聞くのではなくたくさんの情報から保険は決めた方が良いと思っています。