保険はだいじだよと言われた

保険が大事とは言われるけどもどれだけ大事なのか。何もない事が幸せではあるが何か起こるのが人生です。その人生の中の出来事に対して補償をかけておくのが保険です。今回お話をしたいのが医療保険です。医療は誰にでもかかるもので生まれた時にはじめて医療にかかわります。かかわった医療に対しては対価が発生している訳で最近がん保険の大切さをしってしまった。友人が癌、血液なので白血病になってしまいました。運よくなのかその数か月前に保険に入っておりかなり良かった話をした事があったようです。癌に関しては、治るまでの時間も長く医療費がかなりかかってしまいます。その医療費は保険を入っていなかった場合は、数百万円、または数千万円の費用がかかってしまいます。それが保険に入っているとまず診断された時点で数百万円でます。そして、毎日の入院費用は毎日数万円の費用がでるためこれは安心できます。癌になっても費用がかさんでしまった場合、数千万円ものお金が発生してしまいます。これを自分で払うのはかなり厳しいので保険がないとかなりきついです。保険に入るには癌もありますが、自動車などの使う保険、そしてペットの保険もしっかりと入っておいた方が良いですね。