養老保険とは

交通事故の過失の割合と保険

交通事故の過失の割合と保険交通事故にあったときには過失の割合で大きく金額が変わったり、また割合が低くてもトータルが多額だったりすると額が大きくなるのをご存知ですか?例えば車同士の衝突事故の場合、相手側が9割悪かったとしても、スピード違反、前方不注意などで自分の方が1割悪いとなるとします。もし、修理や怪我等で2000万円かかるとすると、相手側が9割で1800万円、自分の方には200万円かかってきます。相手側が100パーセント悪いとする場合は少ないでしょう。実際車で走行するときに40キロを守っている方は少ないですものね。自己負担での賠償が必要かどうかは保険の種類やプランによります。相手側がもし車両保険に入っていなかったとすれば自己負担額が大きくなるので過失の割合で大きくもめます。車両保険に入っておらず自己負担になってしまう場合、とにかく自分に少しでも減らすためには過失を下げなければならないのです。両方が車両保険に入っていれば保険会社同士の話し合いともなり、金銭的に困ることはありませんし優しい方だとすれば加害者側の負担は小さくするようにと保険に指示がはいるかもしれませんしね。とはいえ今は任意保険以外にも車両保険に入っておくことをおすすめします。

最新記事